教育は幼い頃から行うのがベスト

長所のない子供がいないように、短所のない子供もいません。

教育は子供の長所を伸ばすところから始まる

教育は幼い頃から行うのがベスト 長所のない子供がいないように、短所のない子供もいません。教育は子供の長所をいかに伸ばすかから始まっており、理科が得意な子供と国語が得意な子供では、それぞれ違ったアプローチをしてやる必要があります。得意な分野には子供は興味があり、興味があるからこそ得意になります。それが将来的に能力アップにつながるわけです。

塾などでは子供を教える際、できるだけほめるよう心がけます。誰でも叱られるよりはほめられたほうが気持ちが良いですから、これは理にかなった教育と呼べるでしょう。甘やかすのとほめるのは違い、子供がなんらかの行動をし、それに対しての評価をしてやるのは大事です。子供はたくさんの人から評価を受け、影響を受けて育ちます。

どれだけ知識をつめこむかで能力の高い低いが決まるわけではありません。人間社会に生きている以上、コミュニケーションがどれほどとれるかは重要です。子供のうちから社会適応能力を養うことは、ある意味受験勉強よりシビアです。

Copyright (C)2018教育は幼い頃から行うのがベスト.All rights reserved.