教育は幼い頃から行うのがベスト

辞書で教育とはなんぞやということを調べていくと、人に知識や技術を教えて導き、善良な人間に育てることとあります。

教育の原点を理解することが大事

教育は幼い頃から行うのがベスト 辞書で教育とはなんぞやということを調べていくと、人に知識や技術を教えて導き、善良な人間に育てることとあります。とはいえ、人を教えるのもまた人ですので、ここにどうしてもむずかしい障害が立ちはだかります。それが価値観です。同じ教科書を用いて教えても、先生によって解釈の仕方が異なり、最終的に伝えたいとしていることが何かという答えが違ってくることがしばしば起こります。

学校教育においては、先生によって最終到達地点の答えが違うというのは厄介です。数学や化学などでは誰もが同じ答えに行き着きますが、国語や道徳などでは少なからず解釈の違いが生じます。先生としては子供の回答のそれぞれに、そうした考え方もあるということを教える必要が生じるでしょう。その場合、明らかに自分本位であったり、自己中心的な考えであればいさめる必要がありますが、そうでない場合は世の中にはさまざまな考え方をする人がいるということを教える場となるでしょう。学校にこうした教育の時間があるのは、将来、役に立つと思われます。

Copyright (C)2018教育は幼い頃から行うのがベスト.All rights reserved.