教育は幼い頃から行うのがベスト

生まれたばかりの0歳児は、耳でさまざまな情報を得ています。

幼い頃から始める教育

教育は幼い頃から行うのがベスト 生まれたばかりの0歳児は、耳でさまざまな情報を得ています。少し大きくなれば目でも見はじめますが、目で見るものと耳から聞こえてくるものが連動し、理解するにはまだ早い段階です。見るもの、聞くものをそのまま受け入れて、成長していく過程で自分なりに結び付けるという行為ができるようになっていくと考えられます。そんな幼い頃から英語を聞かせていれば、自然に耳はネイティブスピーカーの発音を受け入れるようになるでしょう。言葉の意味は追々分かっていくことで、理解ができるようになった時には英語の発音は完璧ということになります。

子供の柔軟な脳で覚えたことはしっかりと刻み込まれますので、大人が理屈や理論で英語を何とかしようとするよりも、よほど楽に聞くことと話すことができるようになります。そのため、最近では幼児教育のための英語教材の数が、爆発的に増えました。CDやDVDなどでいつでも音や映像を流しておくことにより、子どもの耳は英語に適した耳に鍛えられていきます。親としては、取り組む価値は十分ある幼児教育になるでしょう。

Copyright (C)2018教育は幼い頃から行うのがベスト.All rights reserved.