教育は幼い頃から行うのがベスト

恵まれた環境や能力を持って生まれた子供も、親のしつけ方次第でいかようにも変化します。

教育に必要なのは熱意と愛情

教育は幼い頃から行うのがベスト 恵まれた環境や能力を持って生まれた子供も、親のしつけ方次第でいかようにも変化します。教育に必要なのは熱意と愛情ですが、ベクトルが向く方向によっては社会に適応しにくい子供に育ったり、逆に社交性が非常に高い子供になったりします。親がしてやったことで子供が大きくなるのではなく、子供が好んで学んだことが反映されるわけです。

熱意の方向性がずれていると、子供はどんどん親の思惑から離れていきます。親は子供が何かしたいと要望を出した時、それに対処してやるだけでよく、あまり干渉しすぎるのは子供にとって負担になります。できるだけ子供が望む方向で子供を育て、かつ社会性をきちんと身につけさせ、知識も習得させるのが重要です。

より高度な教育を受けさせようと親が感じたら、まずは子供の意見を聞くことです。学力がもともと高い子供ならば受験も苦になりませんが、無理に底上げをしている場合は負担が著しく増えます。子供の状態を見てアプローチをしましょう。

Copyright (C)2018教育は幼い頃から行うのがベスト.All rights reserved.